SDGsへの取り組み

環境管理センターのSDGsへの取組み

当社は、環境を「人類の永続的な健康や気候、風土に即した衣・食・住の人間欲求に欠くことができない文化遺産」と考えます。

私たちは、「こころ豊かな環境を求めて」、「人と環境のために何ができるか」、「次世代に何が残せるか」をコンセプトに、環境を保全し、人の生活、地域経済と自然生態系との共生と調和を図るお手伝いができる「環境の総合コンサルタント企業」を目指しています。

SDGsでは環境保全が大きな基盤となっており、当社の事業の特性を活かしSDGsに貢献しています。

代表取締役社長 水落 憲吾

代表取締役社長 水落 憲吾

SDGs(エスディージーズ)とは

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals=SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

環境管理センターの事業を通じた貢献(主な取り組み)

SDGsでは環境保全が大きな基盤となっており、当社の事業の特性を活かしSDGsに貢献しています。

環境Environment

環境大気・工場の排ガス、河川・湖沼・海域・工場排水なとの環境や工場のモニタリングの事業を通じて現状の把握、また環境アセスメント・コンサルティング業務などにより環境への負荷軽減に取り組んでいます。

社会Social

公共用水域のモニタリングによる水質等の把握、農業栽培試験・センチュウ診断による不良農作物の軽減、エネルギー関連のアセスメント、また都市開発に関わるコンサルティング等により、社会が暮らし良くなるよう様々なご提案をさせていただき取り組んでいます。

経済Economy

次世代への教育支援、女性の活躍推進支援のための職場環境の整備、地域活動への貢献、また海外への事業取り組みでは環境保護が最も重要と捉え、ECCの技術を現地従業員へ伝承・育成することにより持続可能な発展を支援しています。