土壌・地下水の汚染対策、分析、調査|株式会社環境管理センター

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ
アセスメント

アセスメント

地域環境に配慮しながら、事業実施を円滑に推進するコンサルタントとして、事前協議~環境調査~評価書等資料作成~事後の調査・協議等のアフターフォローまで一貫して対応します。また、地域住民とのリスクコミュニケーションや、土壌汚染対策法等の他の環境関連法令の対応等、総合的にサポート致します。

商品一覧

  • 環境アセスメント

    計画段階での「配慮書」作成から、事業実施段階での環境アセスメントの第一段階である「方法書」作成、環境調査~環境影響評価書作成~事後調査まで一貫対応します。

  • 生活環境影響調査

    廃棄物処理施設の稼働が、生活環境に及ぼす影響の把握し、地域住民合意のもとで、施設設置・運営できるようにコンサルティングを行います。

  • 大規模小売店舗立地法

    当社の根幹事業である環境調査・解析の経験をもとに、交通・騒音等について地域環境保全及び店舗運営の両方の視点を持って、対応策を提案し、その実現に貢献します。

カテゴリ詳細

・2011年11月の環境影響評価法施行令の一部を改正する政令の公布により、風力発電事業が環境影響評価法の対象になりました。

 風力発電施設の設置に関する環境アセスメントは、ぜひ当社までお問い合わせください。

 

資格・実績

当社は、建設コンサルタントの登録をしています。

 

・建設コンサルタント部門:建設環境

国土交通省関東地方整備局 建19第7594号

 

加入団体

・一般社団法人日本環境アセスメント協会

 

有資格者

・技術士(建設部門 建設環境)     1名

・技術士(環境部門 環境影響評価) 18名

 

一般社団法人日本環境アセスメント協会認定資格

・環境アセスメント士(生活環境部門)  4名

・環境アセスメント士(自然環境部門)  2名

 

環境アセスメントの実績

・関東圏の自治体の条例に基づくアセスメントを中心に行っています。

 

技術トピックス

東日本大震災復興特別区域法では、復興事業の迅速な着手と環境保全の両立を図るため、復興整備計画に位置付けられた復興整備事業のうち、環境影響評価法の対象事業となる土地区画整理事業、鉄道事業及び起動事業について、方法書・準備書・評価書を特定評価書に集約するなど特例を設けています。地域環境に配慮しながら、事業実施を円滑に推進するコンサルタントとして、事前協議~環境調査~評価書等資料作成~事後の調査・協議等のアフターフォローまで一貫して対応します。また、地域住民とのリスクコミュニケーションや、土壌汚染対策法等の他の環境関連法令の対応等、総合的にサポート致します。

1つ前に戻る

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ