土壌汚染調査・地下水汚染調査|商品案内|アスベスト/土壌汚染など調査・分析

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ
土壌・地下水

土壌・地下水土壌汚染調査・地下水汚染調査

当社は土壌汚染対策法に基づく指定調査機関に指定されています。調査設計から分析、評価、対策方法の検討、対策工事、土壌汚染対策完了報告書の作成まで、経験豊富なスタッフが一貫対応。目的に応じて、最適な工程を提案いたします。

商品詳細

<一般的な調査の流れ>

●フェイズ1  地歴調査

   ↓

●フェイズ2① 概況調査

   ↓

●フェイズ2② 詳細調査

   ↓

●フェイズ3  土壌汚染対策工事

   ↓

●モニタリング調査

   ↓

●クロージング調査

フェイズ1 地歴調査

土地利用履歴等の資料調査、ヒアリング及び現地踏査により土壌・地下水汚染の可能性を評価します。

 

フェイズ2① 概況調査

フェイズ1で土壌・地下水汚染の可能性が確認された項目について調査計画を立案し、

表層土壌調査を行い、汚染の有無を把握します。

フェイズ2② 詳細調査

フェイズ2①で表層土壌汚染が確認された項目について、深度調査により汚染深度を

確認します。 地下水汚染の確認、自然由来汚染の判断のほか、関係官庁との協議、

情報開示、住民対応等のコンサルティングも承ります。

 

フェイズ3 対策工事

対策コンサルタントとして、特定の対策技術にこだわらず最適な方法を提案します。

また、中小規模での土壌汚染対策工事は自社対応可能です。

 

モニタリング調査

土壌汚染対策工事による騒音、粉じん、悪臭等についてモニタリング調査を行います。

クロージング調査

土壌・地下水汚染対策完了を確認します。

 

●自然由来汚染の判断

弊社では鉛同位体分析により自然由来汚染を判断することができます。土壌汚染の原因は人為的なものだけとは限りません。汚染が自然由来である場合、土壌汚染対策の対象から除外される場合があります。また、自然由来特例区域に指定された場合、建築工事施工上の制約が大幅に緩和されます。

一般的には土壌汚染対策法ガイドラインApendix.3に示される考え方により判断しますが、弊社では上述の鉛同位体分析をはじめとして、豊富な調査・分析経験を有しています。ぜひご相談ください。

1つ前に戻る

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ