放射性物質の核種分析用 MOVING LAB|商品案内|アスベスト/土壌汚染など調査・分析

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ
MOVING LAB(ムービングラボ)

MOVING LAB(ムービングラボ)放射性物質の核種分析用 MOVING LAB

現地で放射性物質濃度を測定できるシンチレーションスペクトロメーターを車載し、必要な前処理作業を車内で行うことができる測定車を、警戒区域内での除染モデル実証事業等に投入しています。

商品詳細

福島第一原発事故に伴う放射性物質の拡散による環境汚染への対処を目的とした放射性物質汚染対処特措法が平成23年8月に成立し、本年1月から全面施行されました。これを受け、福島第一原発から20km圏内である警戒区域、ならびに計画的避難区域内の除染に向けた動きが本格化しました。

 

当社では、これまで「ガンマ線スペクトル放射能測定装置」や「空間放射線量測定用サーベイメーター」を導入し、官公庁や民間企業からの測定依頼に対応してまいりました。本格化する除染作業に伴う測定需要に対応するため、現地で放射性物質濃度を測定することができる「放射性物質の核種分析用移動測定車『MOVING LAB(ムービングラボ)』」を導入しました。

 

「ガンマ線スペクトル放射能測定装置」で、放射性セシウム134、137や放射性ヨウ素131の濃度を測定する場合、高精度に測定できる反面、試料を採取し、ラボに持ち帰り測定するため、結果が出るまで数日必要となります。また、高濃度に汚染された試料を区域外に搬出することによる放射性物質の拡散も懸念されます。

 

当社は、現地で放射性物質濃度を測定できるシンチレーションスペクトロメーターを車載し、必要な前処理作業を車内で行うことができる移動測定車「MOVING LAB(ムービングラボ)」を製作し、導入しました。警戒区域内で始まった除染モデル実証事業等に投入しています。

 

<画像をクリックすると拡大します>

 

放射性物質,ムービングラボ

1つ前に戻る

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ