MOVING LAB(ムービングラボ)| 商品案内 | アスベスト/土壌汚染など調査・分析

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ
MOVING LAB(ムービングラボ)

MOVING LAB(ムービングラボ)

当社では、ラボに近い精度の分析を現場で提供することを目指し、移動測定車「MOVING LAB(ムービングラボ)」を展開しています。

商品一覧

  • アスベスト分析用 MOVING LAB

    災害対応の他、市街地再開発事業や建物の解体・改装等においても、現場にて迅速にアスベスト分析を行うことにより、事業工程の管理、安全の確保に貢献します。

  • 放射性物質の核種分析用 MOVING LAB

    現地で放射性物質濃度を測定できるシンチレーションスペクトロメーターを車載し、必要な前処理作業を車内で行うことができる測定車を、警戒区域内での除染モデル実証事業等に投入しています。

  • PM2.5測定用 MOVING LAB

    微小粒子状物質PM2.5の測定用 MOVING LABは、PM2.5の他、窒素酸化物や硫黄酸化物等の様々な大気汚染物質の測定にも対応しております。

カテゴリ詳細

MOVING LABの特徴

・ご要望の場所に分析機器ごと移動し、測定できます。

・1検体当たり数十分で測定でき、結果をすぐにフィードバックできます。

・お客様のニーズ、ご予算に応じ、測定計画を作成します。

・公的証明のための公定法分析まで、自社一貫体制で対応します。

 

アスベスト分析用 MOVING LAB

movinglab2 movinglab1

 車載機器:偏光顕微鏡、位相差顕微鏡、実体顕微鏡

 前処理作業用グローブボックス(HEPAフィルター付)

 対象試料:建材、廃棄物、空気中アスベスト(位相差顕微鏡)

 試験方法:偏光顕微鏡を用いたアスベスト分析法(EPA Method 600/R-93-116)準拠

 

放射性物質の核種分析用 MOVING LAB

movinglab3 movinglab4

 車載機器:シンチレーションスペクトロメーター(検出器:LaBr)、前処理作業用グローブボックス

 測定対応核種:放射性ヨウ素(I-131)、放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)

 測定単位:Bq/kg、Bq/gもしくはBq/L

 対象試料:土壌、廃棄物など

 

PM2.5(微小粒子状物質)測定用 MOVING LAB

movinglab3 movinglab4

 

 車載機器:微小粒子状物質(PM2.5)測定装置(Β線吸収方式)

 測定項目:PM2.5、窒素酸化物、硫黄酸化物等の大気汚染物質、気温、湿度、風向・風速

 測定範囲(PM2.5):0~500/1000/5000μg/m

 対象試料:環境大気

1つ前に戻る

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ