大規模小売店舗立地法|商品案内|アスベスト/土壌汚染など調査・分析

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ
アセスメント

アセスメント大規模小売店舗立地法

当社の根幹事業である環境調査・解析の経験をもとに、交通・騒音等について地域環境保全及び店舗運営の両方の視点を持って、対応策を提案し、その実現に貢献します。

商品詳細

 

 大店立地法は、店舗周辺の生活環境に与える影響への配慮を図ることを目的とされており、設置者が配慮すべき内容を「大規模小売店舗を設置する者が配慮すべき事項に関する指針」として取りまとめています。

 したがって、出店に当たっては、指針を踏まえて交通渋滞や騒音防止、駐車場の確保、廃棄物の処理、さらには景観等について出店計画策定時において十分な検討を行い、周辺環境に問題を生じないような店舗づくりとする必要があります。

 

 また、審査機関が都道府県及び政令指定都市に移行されたため、自治体が手続きの要綱等を作成しており、住民説明会の回数や範囲、届出前の協議の進め方や出店計画概要書の様式等が定めてられています。

 なお、要綱等は自治体によって異なっていることから、同規模の店舗を出店するとしても届出内容に対する判断基準や届出手続きの期間等が変ってきますので、出店場所の自治体の要綱等を十分に理解することが必要となります。

大規模小売店舗立地法,大店法,影響評価,駐車台数,面積

当社が提供するサービス

・環境保全の観点から、的確な事前環境調査を立案するとともに、予測結果をすみやかに、施設計画などにフィードバックし、

 計画的な環境保全対策の立案に寄与します。
・自治体、交通管理者、道路管理者等の関係機関協議や、説明会における技術的なサポートを行うとともに、配布用の資料作成、

 説明会を円滑に進めるための支援を行います。
・土壌汚染対策法の改正により、3,000㎡以上の土地改変が伴う場合は、同法の手続きが必要です。また、リニューアル等では、

 アスベスト含有建材の処理が課題となります。

・当社では、出店やリニューアルに伴う関連する環境法令の手続きも対応していきます。

 

大規模小売店舗立地法,増設,新設,予測,影響評価,協議,東京,関東

1つ前に戻る

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ