環境アセスメント|商品案内|アスベスト/土壌汚染など調査・分析

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ
アセスメント

アセスメント環境アセスメント

計画段階での「配慮書」作成から、事業実施段階での環境アセスメントの第一段階である「方法書」作成、環境調査~環境影響評価書作成~事後調査まで一貫対応します。

商品詳細

・2011年11月の環境影響評価法施行令の一部を改正する政令の公布により、風力発電事業が環境影響評価法の対象になりました。

 風力発電施設の設置に関する環境アセスメントは、ぜひ当社までお問い合わせください。

 

 環境アセスメントとは、事業内容の決定にあたり、事業が環境に及ぼす影響について、事前に事業者が調査、予測、評価を行い、

その結果について住民、自治体等から意見を聴き、それらを踏まえてより良い事業計画を立てていく制度です。

a2

 

環境影響評価法や都道府県等で定められている環境影響評価条例では、以下の手法が取り入れられております。

・重大な環境影響を回避、低減するため、事業の位置や規模等を検討する早期の時点で、複数の計画案について環境への配慮を検討する制度(配慮書手続き)

・ 事業計画や地域環境の状況を踏まえ、環境アセスメントが必要な事業であるかを決定する制度(スクリーニング)

・ 把握する対象(大気、水質等)やその調査方法、及び影響評価方法を環境アセスメントの実施前に決定する制度(スコーピング)

・ 住民合意を意識した制度(公示・縦覧・説明会の開催)

・ 事業実施後(工事中や供用開始後)に、環境に及ぼす影響を把握するために行う調査(事後調査)

 

環境アセスメントの対象となる環境要素の範囲

 

環境の自然的構成要素の良好な状態の保持

・大気環境(大気質、騒音、振動、悪臭)  ・水環境(水質、地下水、底質)

・土壌環境(地形、地質、地盤、土壌)   ・その他

生物の多様性の確保及び自然環境の体系的保全

・植物   ・動物   ・生態系

人と自然との豊かな触れ合い

・景観   ・触れ合い活動の場

環境への負荷

・廃棄物等  ・温室効果ガス等

※自治体によっては、上記の他に「歴史的・文化的環境の保全(歴史的・文化的景観、文化財、埋蔵文化財包蔵地)」を環境影響評価条例において環境要素として設定しているケースもあります。

環境アセスメントの手続き

a3

 

トピックス

・2011年4月の改正環境影響評価法の公布に伴い、以下7つの制度が変更になりました。

① 配慮書手続きの新設

② 報告書(事後調査)の公表に係る手続きの新設

③ 環境大臣の意見聴取の機会の増大

④ 政令で定める市からの直接の意見提出

⑤ 交付金事業を対象事業に追加

⑥ 方法書における説明会開催の義務化

⑦ 電子縦覧の義務化

 

・東日本大震災復興特別区域法では、復興事業の迅速な着手と環境保全の両立を図るため、復興整備計画に位置付けられた復興整備事業のうち、環境影響評価法の対象事業となる土地区画整理事業、鉄道事業及び起動事業について、方法書、準備書 ・評価書を特定評価書に集約するなど特例を設けています。

 

・老朽化した火力発電設備を撤去

 

・更新する事業のうち環境負荷が現状よりも改善するケースについて、環境影響評価に要する時日の短縮が可能となるような手続の合理化を行うため、2012年4月に事業者向けガイドラインが公表されました。

1つ前に戻る

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ