リスクアセスメント|商品案内|アスベスト/土壌汚染など調査・分析

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ
作業環境

作業環境リスクアセスメント

平成28年6月1日から労働安全衛生法が改正され、化学物質についてのリスクアセスメントの実施が義務化されました。リスクを認識、リスクの低減対策を検討することで、労働災害のない快適な職場づくりを目指していきましょう。

 

商品詳細

“労働安全衛生法の改正” 化学物質についてのリスクアセスメントの義務化

 労働安全衛生法では、「危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づく措置」として、製造業や建設業等の事業場の事業者は、リスクアセスメント及びその結果に基づく措置の実施に取り組むことが努力義務とされていました。

 平成28年6月1日から労働安全衛生法が改正され、新たに「化学物質等による危険性又は有害性等の調査等に関する指針(リスクアセスメント指針)」が制定されました。

 

 

<リスクアセスメントとは>~労働災害のない快適な職場づくり~

 リスクアセスメントとは、事業場にある危険性や有害性を特定し、それによる労働者への危険または健康障害を生じるおそれの程度を見積り、リスクの低減対策を検討することをいいます。

 

労働災害は、労働者がハザード(危険性又は有害性)に接触することによって起こります

 

リスクアセスメント概要フロー

リスクアセスメント概要フロー

  1.    ① 危険性又は有害性の特定

     ・リスクの特定          ~何が危険? 落ちそうな穴?巻き込み事故が起きそうな機械?危険な薬品? 等など…

     ・今職場にある危険の芽(リスク) ~放置したら怪我/事故/災害が起きるかも!?どんなときに起きそう?

     リスク 対策の現状       ~今うちの会社ではどんな対策を取っている?

  1.    ②リスクの見積り

         ・怪我/事故/災害が起こる「可能性」「重篤度」をチェック

  2.    ③リスクの評価

         ・優先順位決定            ~大怪我/大事故/大災害になるリスクはどれ?

                            ~怪我/事故/災害が起こりやすいリスクはどれ?

                            ~対策で怪我/事故/災害の可能性を下げられるリスクはどれ?

         ・具体的な対策の検討

  3.    ④リスクの低減

         ・優先度の高いリスク・対策可能なリスクについて対策実施

  4.    ⑤対策したリスク、まだ残っているリスクをチェックして「再評価

  5.    ⑥リスクアセスメントの結果を記録

  6.  

  7.  

     

    <背 景>

     胆管がん事案において問題となったのは、原因物質であるとされた1,2-ジクロロプロパンが特別規則の対象ではなく、リスクアセスメントが適正に実施されていなかったことによるリスクの認識不足でした。このように潜在的に存在する危険性や有害性を放置することで労働災害が発生した事案から、労働安全衛生法の見直しが検討され、化学物質についてのリスクアセスメントの実施が義務付けられることになりました。

     

  8. <改正のポイント>

  9.  1. 一定の危険性・有害性が確認されている化学物質※1による危険性又は有害性等の調査(リスクアセスメント)の実施※2が事業者の義務

       となります

     

        ※1 労働安全衛生法第57条の2及び同法施行令第18条の2に基づき、 安全データシート(SDS)の交付義務対象である640物質

        ※2 リスクアセスメントの実施時期については、新規に化学物質を採用する際や作業手順を変更する時など、従来の労働安全衛生法

            第28条の2に基づくリスクアセスメントの実施時期を基本に、今後省令で定める予定

     

     2. 事業者には、リスクアセスメントの結果に基づき、労働安全衛生法令の措置を講じる義務※3があるほか、労働者の危険又は健康障害を

        防止するために必要な措置を講じることが努力義務※4となります

     

        ※3 リスクアセスメントの結果に基づき、労働安全衛生法に基づく労働安全衛生規則や特定化学物質障害予防規則等の特別

            規則に規定がある場合は、当該規定に基づく措置を講じることが必要

        ※4 法令に規定がない場合は、結果を踏まえた事業者の判断により、必要な措置を講じることが努力義務

     

     3. 上記の化学物質を製造し、又は取り扱う全ての事業者が対象です。

     

  10.  

  11.  

     弊社の労働基準監督署へのヒアリングで、

     

     印刷、鍍金加工、塗装関係の業種に立ち入り・指導を強化する動きが出ています

     

  12.  ヒアリングによると、特に印刷、鍍金加工、塗装関係の業種を対象に立ち入りや指導を行う動きがみられます。リスクアセスメントが義務化されたことにより、今まで法対象外だった食品関連の事業場でもリスクアセスメントを実施していなければ指導を行い、是正報告を求める場合もあるようです。

     

     

    リスクアセスメントの他に、作業環境測定のご相談も承ります

    弊社の有資格者(労働衛生コンサルタント・作業環境測定士等)がご相談に応じます

 

 

 

  1. 更新日時:2016年9月27日

1つ前に戻る

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ