食品の放射能/放射線量測定|商品案内|アスベスト/土壌汚染など調査・分析

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ
放射能/放射線

放射能/放射線食品の放射能/放射線量測定

食品の基準・分析方法に対応しております。正しい情報提供、安全と安心の確保、風評被害の未然防止等の基礎資料としてご活用頂くお手伝いをいたします。

商品詳細

●スクリーニング試験により、多数の試料を効率よく検査することができます(スクリーニング試験では基準値よりも確実に低い検体を判別します)。

●当社は、スクリーニング試験から測定結果の確定まで全て自社一括測定のため、迅速な対応が可能です。

●スクリーニング試験は「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に基づいて対応します。

●当社では、「ガンマ線スペクトル放射能測定装置」や「空間放射線量測定用サーベイメーター」「放射性物質の核種分析用移動測定車

『MOVING LAB(ムービングラボ)』」を導入し、官公庁や民間企業からの測定依頼に対応、多くの実績を積んでいます。

 

 

食品の放射能の測定機器写真

※スクリーニングレベルや測定下限値の設定についてのご相談は、お気軽にお申し付け下さい。

 

 

○基準値(食品中の放射性物質)

 平成24年4月1日より、食品の新たな基準値が設定(施行)されました。


基準値では、福島原発事故で放出された放射性物質のうち、半減期が1年以上のすべての放射性核種(セシウム134、セシウム137、ストロンチウム90、プルトニウム、ルテニウム106)を考慮しています。セシウム以外は 測定に非常に時間がかかるため、新たな基準値ではセシウムと他の核種の比率を用いて、全てを含めても被ばく線量が1ミリシーベルトを超えないように設定されています。

 

 

 

 

○基準値(加工食品)

 加工食品については、原材料だけでなく、製造・加工された状態でも、一般食品の基準を満たす必要があります。

 ただし以下の食品は、実際に食べる状態を考慮して基準が適用されます。

041712

【参考URL : 厚生労働省】

 ①食品中の放射性物質の基準値の設定について

 ②リーフレット

 ③食品中の放射性物質の試験法について(厚生労働省通知、平成24年3月15日)

 ④食品中の放射性セシウムスクリーニング法

1つ前に戻る

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ