レアメタル|商品案内|アスベスト/土壌汚染など調査・分析

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ
廃棄物

廃棄物レアメタル

レアメタルや貴金属についての概略含有量の把握等、様々な調査・分析に対応しております。

商品詳細

背景

 近年わが国では、都市で大量に廃棄される家電製品などに有用な金属資源が多く含まれることから、それらを回収・活用しようとする考え方が広まっています。

 

 平成21年7月、わが国の「レアメタル確保戦略」が公表されましたが、「リサイクル」は4つの柱の一つとして位置づけられています。経済産業省と環境省は「使用済小型家電からのレアメタルの回収及び適正処理に関する研究会」を共同で設置しており、モデル事業も進行中です。

<参考>環境省レアメタルリサイクル関連

 

 一方、長野県諏訪湖流域では、平成20年に溶融過程で回収される飛灰から高濃度の金が確認されたことから、下水道の水処理、汚泥処理過程においても有用資源を回収しようとする動きが広まりつつあります。

 

 資源性のある金属を回収し活用するためには、まずその在処・存在量を把握することが必要です。

 

分析について

 種々の分析により、レアメタルや貴金属についての基礎検討資料となり得る概略含有量の把握を行うことが可能です。

 

【分析対象例】

○ 汚泥焼却灰

○ 溶融スラグ

○ 底質汚泥

○ 各種電気製品部材

○ 電動工具等の部品

○ 各種の基板

レアメタル,分析,調査,リサイクル

 

レアメタル,元素,分析,調査

 

レアメタル,元素の周期表,鉱種
※検出された元素のみを表示

 

 

レアメタルとは?

 「地球上の存在量が稀であるか、技術的・経済的な理由で抽出困難な金属のうち、現在工業用需要があり今後も需要があるものと、今後の技術革新に伴い新たな工業用需要が予測されるもの」と定義されています。(鉱業審議会レアメタル総合対策特別小委員会による)

 

<参考 レアメタル31鉱種の定義>

レアメタル,調査,分析,小型電子機器

 

(注)レアアース17元素

軽希土;ランタン(La)、セリウム(Ce)、プラセオジム(Pr)、ネオジム(Nd)

中・重希土;プロメチウム(Pm)、サマリウム(Sm)、ユウロピウム(Eu)、ガドリニウム(Gd)、テルビウム(Tb)、ジスプロシウム(Dy)、ホルミウム(Ho)、エルビウム(Er)、ツリウム(Tm)、イッテルビウム(Yb)、ルテチウム(Lu)、スカンジウム(Sc)、イットリウム(Y)

 

出典:「今後のレアメタルの安定供給対策について」

    平成19年7月31日 総合資源エネルギー調査会鉱業分科会レアメタル対策部会

 

 

レアメタルの使用用途

自動車、IT製品等の製造に不可欠な素材でありわが国の産業競争力の要となっています。

(例)燃料電池用触媒、自動車用排ガス触媒 : プラチナ

出典:「今後のレアメタルの安定供給対策について」

    平成19年7月31日 総合資源エネルギー調査会鉱業分科会レアメタル対策部会

 

 

レアメタル回収について「長野県諏訪湖流域下水道の新たな取り組み」

長野県諏訪湖流域下水道では、今後の汚泥有効利用計画に基づき2007年度にレアメタル・貴金属の分析を行ったところ、汚泥焼却灰には多くの金(Au)が含まれていることが分かりました。 含有量は金鉱石に匹敵することから、回収した金を売却し同処理場の維持管理費に充てています。

 

(参照)長野県諏訪建築事務所 プレスリリース

1つ前に戻る

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ