猛禽類調査|商品案内|アスベスト/土壌汚染など調査・分析

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ
フィールド

フィールド猛禽類調査

当社は、保護方策検討のための営巣場所、繁殖状況、行動圏の調査・解析から、事業計画、施工中、施工完了後の配慮事項や保護区設定の必要性等の検討とモニタリングまで、一貫して対応します。

商品詳細

平成4年「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)」が制定され、絶滅のおそれのある種の捕獲、譲渡し等の規制、

生息地等の保護のための規制等が定められました。

レッドデータブックにおける絶滅危惧種の中には、イヌワシ、クマタカ、オオタカ等の猛禽類が含まれており、これらは、生態系の頂点に位置し、生息個体数が少ないため、貴重種として保全対策が必要とされ、社会的関心が高く、その存在が事業の実施そのものに影響を及ぼす可能性があります。このため、猛禽類の生息に配慮した、より詳細で具体的な調査、保全対策が必要となっています。

 

 

猛禽類調査,保護方策の調査フロー

1つ前に戻る

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ