シックハウス調査|商品案内|アスベスト/土壌汚染など調査・分析

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ
室内環境

室内環境シックハウス調査

当社では、公定法による新築マンションや学校の施工後確認調査をはじめ、モニターを使用したスクリーニング調査や建材からの放散量測定を行っています。

商品詳細

 住宅内やオフィス、学校等での室内空気汚染による健康被害の関心が高まっており、特に新築住居からの苦情が販売業者、施工業者へ寄せられ、対応が求められています。

 

マンション、学校の施工後の確認調査

スクリーニング調査

 シックハウス,スクリーニング調査室内空気中化学物質,簡易測定スクリーニング調査は簡易測定が可能なモニター(左:トルエン用、右:アルデヒド用)を使用して行い、公定法調査を行う部屋を決定します。

 

公定法調査

 公定法調査は、スクリーニング調査で選定した部屋を、「シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会 中間報告:厚生労働省」に示された方法を参考として実施します。また測定・分析方法については中間報告書の別添として発表されている「室内空気中化学物質の測定マニュアル」の新築住宅の測定方法に準拠するものとします。

 

調査項目 測定方法 分析方法
ホルムアルデヒド
アセトアルデヒド
DNHP誘導体化固相吸着 溶媒抽出-
高速液体クロマトグラフ法
トルエン、キシレン、
エチルベンゼン、
スチレン
固相吸着
固相吸着
溶媒抽出-
ガスクロマトグラフ/
質量分析法
温度・湿度、
風向・風速
(外気のみ)
連続測定器
ビラム型微風向・風速計
クロルピリホス、ダイアジノン等の農薬類、フタル酸エステル等の可塑剤等の測定も承ります。

 

公定法採取用定流量ポンプ

採取法定流量ポンプ

 

タイプ別確認調査

 タイプ別確認調査は、ユーザーの好みに応じて住戸内を変更された場合、変更によって室内のVOC類の発生濃度が変更前のタイプとどの程度の差異があるのかを確認するために行うもので、スクリーニング調査と同様のモニターを使用します。ただし、工事は下層から行われるため下層階と最上階では同一仕様であっても、同一階にない場合は仕上がり期間の程度が異なるため、参考として実施することになります。

 

 

●小型チャンバーによる建材、家具、什器からの放散量測定 放散量測定

 小型チャンバーによる建材、家具、什器の部材からの放散量測定を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●施工後の建築材料からの放散量測定

 放散量測定 施工後のマンションで使われている建材からの各種物質の放散量も測定が可能です。 居住開始後の建材や施工後の接着剤等の原因調査に効果を発揮します。

 

 

 

 

 

 

 

1つ前に戻る

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ