排ガス調査|商品案内|アスベスト/土壌汚染など調査・分析

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ
大気

大気排ガス調査

ダイオキシン類を代表とする有害化学物質等、排出ガスの調査に経験豊富な技術者が対応致します。

商品詳細

排出ガス調査

 

 ダイオキシン類を代表とする有害化学物質、臭気物質の発生源として廃棄物処理施設や工場施設からの排出ガスの調査を行っています。

 

●調査品目

 ・大気汚染防止法や条例での規制に従った定期測定

 ・焼却炉や脱臭施設の立ち上げ時における性能試験、検収試験

 ・PRTRにおける有害ガス排出量の把握

 

●調査対象

 ・ボイラー

 ・清掃工場、一般廃棄物焼却炉、産業廃棄物焼却炉

 ・工場、事業場施設の排気ダクト

 

●調査項目

 ・ ばいじん、窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)、塩化水素(HCl)、全水銀、臭気物質、ダイオキシン類など

 

環境大気,排ガス,測定,ばいじん,工場,事業所

 

環境大気,排ガス,煙突,NOx,SOx,規制

 

 

排ガス中のVOC(揮発性有機化合物)調査

 

大気汚染の原因となるVOC

 光化学オキシンダントは、工場等から排出された大気中のVOCと窒素酸化物が混ざり合った状態で、太陽光(特に紫外線)照射による光化学反応を通じて生成されます。

 また、浮遊粒子状物質は、工場等から排出されるばいじん、粉じんなど(一次粒子)の他に、工場等から排出されるVOC、硫黄酸化物、窒素酸化物等が原因物質となり、大気中で粒子化したもの(二次粒子)があり、6~7割が二次粒子と言われています。

 

大気汚染防止法の改正

大気汚染防止法改正法の概要(平成16年5月26日公布 法律第56号)

 

・法規制と事業者の自主的取組との適切な組合せ(ベスト・ミックス)による効果的なVOC排出抑制

・VOC排出施設の設置は都道府県への届出義務付け

・VOCの排出の規制に係る規定は平成18年4月1日施行

・規制対象施設(VOC排出施設)の排出口における排出濃度基準の遵守が義務付け

 

環境大気,排ガス,規制対象施設,VOC,基準

 

VOC排出口濃度・排出量調査

●大気汚染防止法に基づく調査

 中央環境審議会内に設置の測定方法専門委員会報告の指定方法による、水素炎イオン化形分析計(FID)等による測定(必要に応じてガスクロマトグラフによる補正対象物質の測定)

環境大気,排ガス,VOC濃度,排出量,基準

                        堀場製作所製

 

●大気汚染防止法に基づく調査

 簡易法(ポータブルFID計、PIDモニター、検知管等)を利用したスクリーニング

環境大気,排ガス,簡易法,VOC,規制

 

●種々の測定法を組み合わせた環境測定・分析ソリューション

 

VOC対策エンジニアリング

●改正大気汚染防止法の対策

 排出状況の把握、対策検討データ取り(個別物質分析・連続変動測定等)の実施 各種排出抑制技術・改善方法の具体的対応のご提案

 

●化学物質管理対策

 PRTR法、悪臭防止法、労働安全衛生法、有害大気汚染物質など、化学物質に係わる多くの法令等への効率的対応のご提案

 

●リスクコミュニケーション対応

 ISO14000、CSR、周辺住民からの苦情や行政からの対策指導など、様々なVOCに関連する問題等への積極的対応のご提案

 

1つ前に戻る

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ