| 商品案内 | アスベスト/土壌汚染など調査・分析

サイト内検索
サイトマップ
03-6260-4321
お問い合わせ

 

■Q&Aコーナー これからの環境問題について会社の経営方針と対応策はどのようなものですか。


(1)環境問題は、一部の知識人または、プロフェッショナルがリードすることではなく国民全員がパートナーとして参加・思考し、 その中から次世代へ残すものを選択し、具現化施策を深めて行く事が重要です。ECCは、そのための「ものさし」づくり、 また、その具現化施策の手法づくりを支援するビジネスを展開します。当社は環境を『人類の永続的な健康や気候、風土に即した衣・食・住の人間欲求に欠くことができない文化遺産』と考えます。私たちは、環境を保全し、人の生活、知識経済と自然生態系との共生と調和を図るお手伝いが出来る環境総合コンサルタント企業目指しています。

(2)企業にとっては、「環境のものさし」なしでは経営が成り立たない時代となりました。国際環境企画であるISO14000の認証取得、化学物質管理(PRTR)、環境調査、さらには環境管理情報の開示(環境会計、環境レポート)が必要不可欠になっていきます。当社は、これらを「環境コミュニケーション事業」ととらえ、当社のノウハウを活かした支援業務を展開しています。

 

(3)このように、環境の「診断型」業務から「問題解決型」への業務転換をはかって、「環境、安全、健康」をキーワードとした環境総合コンサルタントとして更に充実させていきます。

(4)新たな環境課題へ対処するため、PCBやダイオキシンの簡易分析法の研究開発や商品化、シックハウスの調査技術の開発、バイオアッセイ、遺伝子技術の環境分析への応用などの研究開発を推進していきます。

■Q&Aコーナー 事業エリア拡大について、検討していますか。


(1)ECCが属する業界は小規模な企業が多い一方で、高度化する分析技術への対応が課題になっています。ECCでは、これらの各社に対しECCが 保有する機器や技術の提供によって協力関係を深めることにより環境問題に係わっていく考えをもっています。全国各地の同業14社で構成するネットワーク(協業体制)をもって、迅速に全国のお客様からの環境ニーズにお応えすることが可能になっております。

(2)ECCは関東圏を中心に事業展開をすすめてきましたが、お客様のニーズに応えていくために各経済圏への営業所展開を検討しています。

電話:03-6260-4321
メールフォームからのお問い合わせ
→
お問い合わせフォームへ